富士山

この数年新しい年を、山の家で迎えている。
山の家のテラスからは、富士山が見える。

夫が打った年越しそばをつまみに飲んだお酒も、一眠りしてすっかり覚めた頃、
ジャケットを着込んでテラスに佇む。
闇の中、清冽な空気に身の引き締まる思い。
やがて濃紺の空が日の出の気配にその色を藍に変え、斜面に光を受けた純白の富士がくっきりと姿を現す。

「ああ 富士山さま」
そう口走るほど、その姿は美しい。

「明けましておめでとうございます、今年が良い年でありますように、皆を見守ってください」
掌をあわせる。
この先、どんな時代が来るのか見当のつきにくい世の中だけれど、
この時、実に清々しく穏やかな気持ちになれるのは、富士山だからだ。

ふりかえれば、富士山は折にふれ私の傍にあった。

東京の武蔵野で育った私だったが、高校の時、静岡県の三島市に移り住んだ。
通っていた県立三島北高校の校庭からは、中空に浮いたような見事な富士山が見えていた。
卒業して俳優座の養成所に入り東京での一人暮らしが始まった。
まだ高速道路のない時代で、俳優座のある六本木の交差点から、
晴れた日には路面電車のむこうに富士山が見えて、ふと懐かしさに足を止めた。

仕事が忙しくなりだした頃、最愛の母が逝った。
母の願い通り富士の裾野に墓を建て、姉弟で相談して墓碑銘を「おかあさん」とした。
涙で見上げた富士山は大きくゆったりと懐を広げ優しかった。

正面に富士山を仰ぐ山の家を持ったのは、母の生きた歳を越えてからのこと。
富士山の傍に住んでみて、あらためて日本一の山が擁している、自然の素晴らしさ奥深さを感じている。
と同時に、心ない人々の捨てていくゴミの多さ(原生林のはずれに車が転がっていたり)を
目の当たりにすると息がつまる。

1998年11月に富士山憲章が制定された。
それが環境保全を促進し、世界遺産への登録につながっていくことを心から願っている。

(静岡新聞「窓辺」2000.1.8より)

エッセイTop
次へ