■2005/09/13 (火) 顎髭はニセ物です…《小島 敏彦》

とうとう稽古最後の日。朝から劇場に集合して、場当たり、通しと各場面、合計三回。サスガに身体はくだびれました。でも頭は冴えています。
後はお客様をお迎えするだけ。はっきり言って、面白いですよ〜!

さて、今回の日記、最後を飾るのは・・・
劇団の代表!松崎家に嵐のようにやってくる某政党員「谷川斉一郎」役の小島敏彦です。

『 舞台稽古の一日
どんなに長い稽古でも、最終稽古の日になると
「あれ、もう稽古ないんだ」と常に思う。
毎日毎日が緊張の連続のせいで時間の概念が飛んでいるせいなのだろう。
ともあれ舞台稽古で全てを整理し、初日に臨まねばならない。
だから、この日の雰囲気は一種独特だ。
一回目は、場面場面の小返しをしながら…とはいえ、舞台上ではピーンと張り詰めた空気の中、粛々と稽古が進んでいるが、舞台裏では無言の人たちが右に左に行きかい殺気立っている。道具の出し入れ、早変わりの着付け、セリフのキッカケ等をはずしてはならないので、分秒を争っているからだ。
幕が降り、先生のきめ細やかな手直しが終わると、小休止の後、本番通りの幕が開く。終演後は先生の最後のダメ出し。さあ、明日はマッタナシの本番だ。
聞く所によると、明日の初日には業界の著名人が沢山お見えになると言う。かなりのプレッシャーだ。
しかしこの度は、大先輩の渡辺美佐子さん、金田龍之介さん、竹脇無我さんと云う、花も実もある俳優さんが力を貸してくれている。稽古中に皆さんから頂いた温かい数々の助言、先生の厳しくもやさしく丁寧なご指導、それらを心に刻み直し、稽古場通りの事が出来れば、キット良い成果が得られるだろう。
そう、信じよう。
明日は緊張の一日だが、お客様とどんな時間と空間を共有できるか楽しみな一日でもある。 』

★☆★☆★

ベテランの小島さん、でも出の前はちょっと緊張気味。それはわかっていたけど、私も最後の通し稽古で緊張してたのか、小島さんの役名をド忘れしてしまった。思いつくのは『宮川さん』…?思わず隣にいた小島さんに『小島さんの名前なんだっけ?』と聞いてしまった。あ!聞いた瞬間思い出した。『谷川さんだ!』聞かれた小島さんは『へ?』・・・私も経験あるが、こういう突然の質問ってドキンとする。倍、緊張させてしまった?!ごめんなさ〜い!

長いような短いような稽古が終わってしまいました。後は笑っても泣いても12ステージ。めいいっぱい楽しんで頂けますように…。私たちもめいいいいいいっぱい楽しんで舞台を努めます!お楽しみに!!

■2005/09/12 (月) 今日は忙しいの〜《チケット娘&スーパーお手伝い》

朝九時に劇場集合。舞台の仕込みです。劇団員+照明さん、音響さん、大道具スタッフ総出で一つの舞台を造り上げます。劇団のベテランも中堅もここ数年で一気に増えた若い劇団員もほとんど集まってくれたお陰で、舞台も楽屋も人でごったがえしていました。全員に配られたお弁当に加え、衣裳部チーフの深尾眞理さんお手製オープン・サンドウィッチにも人が群がり…。(深尾さんの『ごはん』はなんでも最高においしいんです!私が好きなのは…ハンバーグもおいしいし、テリヤキチキンもおいしいし、鍋焼き卵も最高だし、う〜ん、なんといってもレバーペースト!!これはやめられません!)
人だらけの楽屋で舞台監督の西方亨さんは思わず「いっぱいいるなぁ、居過ぎだよぉ。『おはよう』言うだけで疲れちゃったよ…」とこぼしていました。

さて、今日の日記は・・・
今回は裏で表でお手伝いをしてくれている劇団員の中から「チケット係」尾関美保、若原美紀、田中真美の三人と、衣裳部では一番の頼りになる小林雅子です。小林は、今回初めて受付係のチーフを務める事になりました。

『 三越劇場の雰囲気にビックリ!!
私も一度、こんな舞台に立ってみたいなあ…
チケット係は大忙しです。
でもまだ空席もあるので、みなさんどんどん申し込んで下さいね。
久しぶりの事務仕事。肩こりピーク!
やっぱりこういう仕事は向いてないみたいです。
          尾関、若原、田中でした〜〜』

『 田舎娘の私には「三越」といえば都会の大道。
東京のマダムさん達がぞろ×2と…そんな雰囲気の中、劇場入りした私。
劇場の雰囲気にOh! Woo!
舞台セットにOh! Woo!!
と感動×2!! Hightテンションで、さぁ仕事をするゾ!
受け付けの打ち合わせをし、衣裳にアイロン、アイロン、アイロン…ひたすらにアイロン&皆の熱気でHot!! Hot!!
さぁ、初日が楽しみだぁ〜。 
                  まcha子 』

★☆★☆★

明日で稽古も終わり。稽古場日記も終わりで〜す。
明日は午前中から場当たり稽古、夕方から最終舞台稽古です。
衣裳もメイクも本番通りにやります。
盛り上がってきましたよ〜。明日も早いので、この辺で・・・また明日!

■2005/09/11 (日) クールなナイスガイ!!《竹脇 無我さん》

とうとう稽古場での稽古も最後になりました。
今日は、演出助手の盛田さんが「さあ、みんなのパワーを感じるから、早く始めよう!」とおっしゃって、予定時間より早く通し稽古が始まりました。
(^-^;)というより、終わって搬出もあるし…。早めに集合している皆がダラダラし始める前に始めようという事だったのかもしれませんが…。
最後の通し。今日は稽古中、突然雷が鳴りどしゃ降りの雨が降ってきました。「おじいちゃま」の金田さんが怒って「ゆるさん!!」と怒鳴るシーン。その時「ドッカーン!ゴロゴロゴロ…」皆、効果音が増えたのかと思いました。雷さま、タイミング良すぎです…。
後は、劇場での稽古を残すのみとなりました。気が引き締まります。終わって、搬出。三越はデパートなので搬入は営業が終わった夜の八時から。十時過ぎまでかかって、搬入をしました。…夜のデパートってちょっとコワイ…。

今日の日記は・・・
ゲスト第三弾!!松崎家二代目、裁判所長をしている「寿敏」役の竹脇無我さんです。「何かお話を…」と話しかけると、稽古場ノートにさらさら〜っと日記を書いてくださいました。

『 劇団朋友 皆さん礼儀正しく、
若い方々の明るい面々を毎日見ていると
小生も、多少やる気になります。
なるというより、ならされ
勇気を与えてくれて、ありがとう。又!
                 無我』

★☆★☆★

ん〜、かっこいい!
書き終わって「こんなんでいい?」
ふふふ…と笑いながらおっしゃっていました。

ゲストの皆様、お疲れのところ「稽古場日記」にも快くお付き合い下さって、本当にありがとうございました!!

さて、明日は朝九時から劇場で一日舞台の仕込みです。稽古はないのでちょっと不安…。
でも、「松崎家」が形になっていくのを見たら、ワクワクしてしまうでしょうね。早起きです。皆さん、がんばりましょう!

■2005/09/10 (土) みんなの憧れ! 《渡辺 美佐子さん》

カウントダウン、後二日!
通し稽古、といいつつ…気になるところを繰り返し確認しながらの稽古です。・・・ということは、まだ一度もちゃんと通しをしていません。
でも、確実に前進しています。

今日の日記は・・・
ゲスト第二弾!松崎家当主(金田さん)の妻「淑子(よしこ)」役の渡辺美佐子さんです。今回も稽古が終わってお帰りになるところをお引き留めして、お話を伺いました。

『 私が劇団新人会を辞めたのが36〜7年前になるのね。
その後、長山藍子さんが頑張って芝居を続けているのを見て、頼もしく思っていました。
昔、一緒に稽古をやっていた頃を思い出しています。

今回、一つ感じた事は…
「みんな、かたーい!!」身体も心も…。
ご一緒している金田さんを見てください。あんなに身体も心もやわらかいではないですか。身体や心がやわらかくなければ、いい芝居はできません。
皆もどうしたらそうなれるか考えて…それをこころがけて下さい。 』

★☆★☆★

厳しくもあたたかいお言葉…。
渡辺さんは私たちにもアドバイスしてくださいます。毎日、渡辺さんを見ているだけでも勉強になります。まして、共演できたなんて…本当に幸せに思っています。
渡辺さんは、我が朋友の前身「新人会」の創立メンバーです。私たちにとっても大先輩になります。
ご指摘を受けて気づきます。身体も心もしなやかでやわらかくなければ、自由に動けないですものね…。肝にめいじます。ありがとうございました。

■2005/09/09 (金) よっ!!さすがプロだねぇ〜!!《達 依久子》

ダイジョースタジオでの稽古も残すところ後三日。
気になる部分を繰り返しながらの稽古です。
後三日…頑張りましょう。

今日の日記は・・・
場内アナウンスを担当する達依久子です。
今日はその録音を兼ねて、稽古の見学に来ました。なんたって、劇場内で最初にお客様の耳に触れる大切な声の役目…。
達さんの安定した声は心地良いです。
では、稽古のご感想をどうぞ!

『 観る者に
「祖父ちゃまの血圧大丈夫かしら」と心配させる
金田さんの名演技。
奇妙な動きの若夫婦。
息の合った嫁姑。
それから、可愛らしい女中たち。
「明日の幸福」は見所いっぱい。
今日は楽しく観劇させていただきました。
皆様どうぞ健康にご留意して、
良い雰囲気のまま本番が迎えられますように。
                達 依久子 』

★☆★☆★

「それどころでない人」をご覧になった方、
あの絶叫!!『園子さん』と今回のアナウンス、
同一人物だって…
…わかりますかしらん???(^o^)

■2005/09/08 (木) アザが消えないの…《長山 藍子》

夕方からの稽古が続いていましたが、今日は昼の一時開始。本番は毎日昼公演なのでこの時間帯に慣れておかないと…。
通しのはずが、始まってすぐ、なんだか歯車が合わず…繰り返し稽古しました。後半は本当に面白くなってきましたよ〜!!!

今日の日記は・・・
松崎家二代目寿敏の妻、「恵子」役の長山藍子です。
家宝のハニワ入りの箱は結構な重さがあります。それを抱えるシーンが多い彼女。大切な家宝を守る為、重たい箱を自分の腿で受け止めます。
角が…カドが…あたるんです…うぅ。(T_T)

『 この夏は、とても暑くて、おまけに大きな台風が日本列島を何度も襲って。それから、いきなりの郵政解散、総選挙。
なにかが少しずつ、変!!
でも、みんなの明日の幸福のために頑張らなきゃね!!
そう、1954年代に書かれたこの「明日の幸福」
幸せも不幸せも世の中の動きもそれほど変化しちゃあいないのよ。人間て、おろかでおかしくて、みんな一生懸命で、なんて、可愛いんでしょ。

渡辺美佐子さん、金田龍之介さん、竹脇無我さんを迎えて、劇団朋友一同、石井ふく子さんの演出に毎日熱い汗を流しています。(いや、冷汗の場合も多々あります、私ですが─)
なんとか頑張ってこのお芝居が劇団の明日の幸福につながりますように─。

それにしても、全ての面で協力して下さっている石井先生に深謝です!!』

■2005/09/07 (水) みんなのアイドル!!《金田 龍之介さん》

さて!ラストスパートです。今日から毎日通し稽古。
一回一回が大切になります。
今日は渡辺さんと長山さんのかつら合わせもありました。いつもと雰囲気が変わって、役のイメージも広がります。

今日の日記は・・・
ゲスト第一弾!!松崎家当主「松崎寿一郎」役の金田龍之介さんです。
稽古の合間にお願いして、お話を伺いました。

『 初めての客演で、少しドキドキしていますが
暑さや強風も厭わず
毎日楽しくやっています。

こんなおじいちゃんじゃなくて、
もっと若い役だったらよかったのにねぇ…(^−^)ははは

「しかし、みんな熱心だねぇ・・・」
って最後に書いておいてね。』

★☆★☆★

「毎日、稽古場日記というのをやっているんです。何か一言お願いできますか〜?」と金田さんに話しかけると、「菊さん、キレイだね〜」と言って下さいました。(^^; 「そうでなくて〜〜〜(汗)」
前に外国の方にそう声をかけたところ、「面と向かって『キレイ』と言う場合はたいていお世辞ですね」と切り返されたそうです。
「やっぱり、お世辞ですか?」と私も切り返すと、エヘヘと笑って「本心ですよ〜」
・・・お茶目な方です。ありがたく、素直にそのお言葉受け止めます。m(_ _)m

■2005/09/04 (日) よっ!若旦那!! 《相馬 聡廣》

二日間の休暇を経て、今日は予定時間を急遽30分繰り上がっての通し稽古でした。一昨日、自主稽古をしていた面々もいたようで、気合いが入ってきました。

さて、今日の日記は・・・
松崎家三代目、若旦那様「寿雄」役の相馬聡廣です。
なんたって、キーワードを語る重要な役目。
「若いから…」なんて言葉で言い訳できない責任を背負って課題は山積みのようです。日々精進。一歩一歩前進あるのみです。

『 松崎寿雄役の相馬聡廣です。
早いもので初日まで後十日…。
ウワ〜〜 と叫びたくなる今日このごろ、というかワンルームの自宅で叫んじゃってるんですけどね(笑)
劇団に入って4年目の自分ですが、やっと自分が少しわかってきたんですね〜。
自分をみれるようになって、芝居の面白さが分かるようになったのではと少しうぬぼれ(笑)そして、自分なりに面白さに気付いた分、逆に大変さも自覚しつつあります。
とすると、今回寿雄君は深刻なんですよ〜〜、だから叫びたいんです。
精一杯、芝居をする相馬をみてやって下さい。』

★☆★☆★

明日、明後日と稽古はお休みです。最後の休みですよ〜。
総会と自主稽古はありますが…。
力を蓄えて、ラストスパートですよ!!

■2005/09/01 (木) 出の前に話しかけないでぇ《石川 惠彩》

9月1日、本日は石井ふく子先生のお誕生日です。
朋友としては、先生がお好きだというメデタイ『鯛焼き』をお年の数だけ用意しました。大きなザルに熊笹を敷き、そこにタイたちを並べて、その上にロウソクを立てました。花束と稽古場にいる全員の寄せ書きカードを添えて、稽古前にお祝いしました。
先生、おめでとうございます!!!

さて、今日のお稽古は全場を通しました。これからの稽古は通し稽古になります。お祝いムードも一新、気が引き締まります。転換も含め、まだ課題はたくさんありました。今日は稽古後に転換稽古もしました。

今日の日記は・・・
台本が変更になって、二幕のアタマに出る事になった、もう一人の美術商「板尾」役の石川惠彩です。

『 劇団の公演としては「深川安楽亭」「初蕾」「五代のラブレター」「幸福」と地方公演のスタッフとして裏側から勉強させて頂きました。
今回は初めてキャストとして、美術商の板尾の役を演らせて頂いております。
1シーンですが緊張して、仲々台詞と身体がひとつになりません。(毎度のことなのですが…)
残暑のせいではなく、大汗をかいております。
初日まで2週間、実際は1週間といっていいでしょう。
どこまで、自分にリアリティを持てるか挑戦です。 』

★☆★☆★

石川さんは前に金田さんと共演したことがあるそうで、金田さんは二幕の石川さんの出の前にいろいろ話しかけていらっしゃいます。緊張シィの石川さんは「ドキドキするから〜」と言いながら、出ていきます。横で見ている私は毎日楽しませて頂いております。(^^)

一昨日、日記に書いた『カード』とは、先生に差し上げる物でした。色紙に寄せ書きでは色気がないと思い、全員の似顔絵とケーキが飛び出すようにして、皆にひとこと書いてもらった色紙を配置しました。何十年ぶりに「工作」をして、夕べは徹夜してしまいました。「飛び出す絵本」を考えた人ってすごいなぁと思いつつ稽古はしんどかったです。。。人間、寝ないとダメですね。

明日、明後日、稽古はお休みです。みんな〜忘れないでね〜!