11/6 山田淳子 
11/5 饗場圭一 
11/4  制作部 
11/3 遠藤由季奈
11/2 松岡由眞 
11/1 松川美子 
10/31 浦田秀利 



11月6日(火) 雨のち曇り

今日は、昨日の続き、一幕ニ場を細かく作りました。
舞台上に人がたくさんいればいるほど、自分の動線を追うのが困難になります。
一人が動くと、他の人が自分の居場所を求めて右往左往します。
もちろん、その役の人物の気持ちを考えつつです。
稽古始めのうちは、みんな集中してスムーズに作られていきますが
時間が経つにつれてチグハグになってきます。
これも稽古の楽しさです。
10行の台詞の掛け合いに、1時間半! 
楽しいですね・・・。

今日の日記担当は、山田淳子さんです。
彼女は、今回はるばる新潟から参加して下さいました。
舞台監督の末永さん宅に下宿しながら、大道具、小道具、ときにはプロンプ・・・と
幅広くお仕事していただいています。
今後の活動拠点を新潟にするか、東京にするかは
この公演で決まります・・・・・かな?


はじめまして。この作品の舞台、竹山病院のある新潟市から来ました、山田です。
今回は舞台監督助手として参加させて頂いてます。
本日は舞台美術担当の岡本謙治さんが稽古場にいらして大道具打ち合せ。
具体的な図面と絵が出来あがってきました。
これを作るのか・・・・作るんだよな。 2日間で。
でも、大正時代の病院の装置は、色合いも雰囲気も、とても素敵です。
大仕事ですが、きっと素敵な舞台になると思います。
並行して、小道具もチェック。こちらもだんだんと具体的になってきましたが
時代物は揃えるのが大変です。
立ち稽古も週間目に入り、こまかい動きが決まってきました。
1つの作品を創り上げていく現場に参加できる幸せを感じる日々です。
私事ですが。
私の東京生活も1週間が過ぎました。こちらは昼夜の気温差が大きいです。
この時期の新潟は1日中寒いので覚悟もできるのですが、東京はふっと暖かくなるので
油断してしまい、不覚にも風邪をひきました。
幸い、軽く済んだのですが、役者の皆さんにうつしでもしたら一大事です。
気をひきしめて生活します・・・・
山田淳子




11月5日(月) くもりのち雨

・・・という訳で、昨日のお休みは、みんなそれぞれの過ごし方をしたみたいです。
DMに追われる人、次の仕事の稽古をする人
台詞を覚える人、調べものをする人・・・
・・・おいおい、ほんとにみんなお休みしたのか???
それでも、稽古場に再び集まった面々は
ちょっとは充電してきたみたいに見えます。
元気いっぱいで、一幕の頭から細かく、本当に細かく稽古が進みました。
みっちり6時間の稽古。
いろんなアイデアが湧いてきて、何度も何度も同じシーンの稽古をします。
一つの台本でも、何パターンもの演技ができるのです。
稽古の楽しいところです。

さて、今日の日記担当は・・・
荻野先生の同僚の敏腕外科医、高見詠一役の饗場圭一さんです。
情報工房に所属する彼は、今回我々のラブコールに答えて、華を添えて下さ
ることになりました。二枚目な高見先生役、ぴったりです!!

私、今回外部から参加させてもらっているんですが
楽しいですよ、稽古。“ワイワイ”やってます。
今日は、台本の頭に戻って細かく稽古です。
う〜む、本当に細かいぞ、心してかからねば・・・。
でもこうやって面白いもの、作っていくんですよね。
期待していただきましょう。そして観に来ていただきましょう。
そのために私達は稽古がんばります。
と、言っている間にも、また一つ面白くなっている・・・。
どんな舞台になるのでしょう?
饗場圭一



11月4日(日) 晴れ

今日は安全日・・・ではなく、休養日です。

明日から、またお楽しみに!!



11月3日(土) くもりのち雨
終幕までなんとかいきつきました。
明日は一日休んで、来週からまた一幕に戻り
細かく稽古をすすめてゆく予定です!!
明日の休みは、休みになるのか・・・
それとも台詞覚えにおわれてしまうのか・・・

今日の日記担当は、「子供が欲しい〜〜!!」と言い続けている
野村ハナ役の遠藤由季奈です。


今日は雨降りです。
夕方からの稽古開始、なんだかすっきりしない感じ。
だけど今日はやっと赤ん坊が生まれます。
お腹がでっかくなって腰が痛いです。
タオルが入っているだけなのに、こんなにつらいなんて、
本物の重さを考えると、母になれるのかと不安になります。
重い〜〜重い〜〜お腹で、図太くなって
大きな顔にもなる、たのしいなあ。
あしたは稽古休みなのでこの楽しさをDMでたくさん伝えるゾ!!
ゆきな




11月2日(金) 晴れ

立ち稽古 4日目。
ニ幕二場。昨日の続きから・・・
今週あたりから、少しずつチケットの申し込みがくるようになりました。
しかも、一般の方から!!!
さすが自転車キンクリートの名作「法王庁」だ!

今日の日記担当は、主人公荻野先生役の松岡由眞。
昨年、中野のザ・ポケットで上演した
「お葉と呼ばれたモデル」の書生役に続き、大役に挑んでいる。

5年前、舞台を16本観て、全てに感動した経験を今一度味わいたくて、今夏訪れた
2度目のニューヨーク。
地下鉄に乗ってタイムズ・スクエアに近付いた瞬間のワクワク感!
ブロードウェイミュージカルは、やはりボクの期待を裏切ることなく、素敵なパフォー
マンスの数々を見せてくれた。舞台が終わった後、劇場街がどっと人であふれる、夜
11:00の熱気。主演級のスターが気軽にサインに応じてもくれる。
街のにおい、彩る人々、風景も芝居を観る者の雰囲気を盛り上げている。
すごいエネルギーだ。
そして帰国後4日目。あのテロ事件だった。
今“法王庁の避妊法”の稽古に励んでいる。
演劇をつくるむずかしさと、素晴らしさを再認識し乍ら・・・
松岡由眞



11月1日(木) 晴れ

立ち稽古、3日目。
今日から第ニ幕突入!!
荻野先生が、研究の重要な手がかりを掴む15分程度のシーンに
稽古時間は、なんと、5時間以上・・・。
外はすっかり暗くなってきました。

今日の日記担当は、新米看護婦、津島より子役の松川美子です!

立ち稽古に合わせて、高津(小道具屋さん)から小道具を借りてきた。
木の机、イス、パテーション、本棚etc・・・
ウォー! やる気が出る出る!
ところで
細かい道具は稽古で探りながら増えていく。
本が必要!→下の本棚から借りて来ま〜す。
回転するイスが欲しい→事務所から拝借。
きゅうすを使うんだけど・・・→お茶場のものを使っとくか。
               (あ!お茶が飲めなくなるョ〜)
舞台につぎはぎだらけの小道具が増えていく・・・・
本番まで あと26日
松川美子



10月31日(火) 晴れ

「1917年の三人姉妹」の公演も無事終了し、
アトリエ公演『法王庁の避妊法』の稽古が再開されました!
 今まで転々としていた稽古場から、やっとわが家に戻り
立ち稽古が始まりました。
異国の芝居から、いっきょに日本の大正時代になった稽古場は、洋装から着物に
装置もリアルなものになり、雰囲気がガラっと変わりました!
 まだまだ、台本を持ちながらの荒立ち稽古ですが
本番に向け、一歩一歩着実に前に進んでいます!!
 どうぞ御期待下さい!!!!

 稽古場日誌、初日に登場するのは・・・
荻野先生の助手、古井半三郎役の浦田秀利です。
彼は、熱い男で・・稽古場でも薄着です。


「法王庁」稽古場日記・第一日目担当、浦田秀利参上!
まさに産みの苦しさ! というか、待ち遠しいというか!
これぞ役者の楽しみ、血湧き肉踊る荒立ち稽古。
女優陣の手作り料理をつっつき、ビールを飲み。
明日もめくるめく、陣痛状態! ぬおーーーっ!!
浦田秀利