11/20 清野公亘
11/19 水野千夏
11/18 松川美子
11/17 川添英令
11/16 末永明彦
11/15 吉柴文悟
11/14 大木雅美



11月20日(火) 晴れ

今日は2幕のぬき! そして通し稽古。
佐吉役の清野くんが新潟から戻ってきたので
はじめて全キャストそろって2幕4場の稽古をしました!!

今日の稽古場日記は、その清野公亘です。

初めまして、清野です!
え? 私? キャストです。出演してますよ。
チラシのページで見てください。
ね! いるでしょう。
なぜ、今ごろ初めましてなのかって?
答えは簡単。今までケーコ場にいなかったからです。
新潟にいました。昨日まで。
さあ! やりますよ!!
え〜っと、初日まで・・・・・・・・・・・・・。
あは、アは、アハハハハ・・・・・・・。
神様は7日で世界を創ったそうです。
私は7日で・・・・・・。
どうなることか?!
結果は近日。朋友アトリエにて!!
清野公亘



11月19日(月)晴れ

今日の日記は
仕込みで、ドアのパネル4面をスクワット状態で色塗りしたため、
太ももが筋肉痛で階段が降りられなくなった、キヨ役の水野千夏です。
(100回以上スクワットしていました。
ドアの色は、美術の岡本さんに褒められたけど
彼女はそれどころではありませんでした)

昨夜は、獅子座流星群が見えるというので、夜空を見ました。
夜中の3時半頃、曇っていた空が晴れて星空が広がりました
マンションの最上階に上がってみると、空気がきれいで
新宿の高層ビルや東京タワーなどの夜景がはっきり見えました。
そのキラキラ輝く夜景の上に、緑やオレンジや白い光が降り注いでいました。
東京の空で、あんなにたくさんの星が降るところを初めて見ました。
そして、久々に、ホッとしました。
でも今日は、子供を産むシーンを何回もやって
いきみ過ぎたのと、寝不足で、頭はガンガン。
立つとフラフラしました。
・・・ホント、こどもを産むのは大変です。
キヨさんで新ネタが欲しい。
ちかでした。



11月18日(日)晴れ

今日は衣裳が全部揃ったので、衣裳パレードのやり直しをしました。
これで、衣裳は完璧だ!!
そして、ニ木さんがいらして、音入りで一幕の通し!
『二日あいたわりには、スーっと通ったね』との高木先生のお言葉。
でも、安心してはならない。
P.S 昨日福島でお仕事だった高木先生が
柿をお土産に持ってきて下さいました!
   明日切って食べるぞー!!!!

今日の日記は、看護婦より子役の松川美子。
今回は企画、制作、小道具も担当していて、フル回転です。

今日はお稽古が3時からでした。
・・ので、私、髪の毛切ってきました。
『大正時代のモダンガールっぽくして下さい!』
と美容院の方にお願いしたら、
すっごくかわいくなりました。(と本人は思っています)
それなのに、演出家は『もっと前髪をパツっとそろえろ!』
なんて言うんですョ・・・・
んー、今の方がかわいいのに・・・・
と思いつつ
まず稽古前に衣裳パレードをやりました。
シーンごとに衣裳を着てみるのですが、
あ!!
私(看護婦役なんですけど)ほとんど帽子かぶってる!!!!
じゃ、髪を切っても切らなくても同じじゃないの!(T_T)
ちなみに、皆の衣裳は素敵でーす。本番をお楽しみに。
松川美子



11月17日(土) 晴れ

今日はいよいよ舞台の仕込みです!!
朝10時から、昨日色塗りをした材料を組み立てます。
フラットなアトリエに、竹山病院の産婦人科診療室が
だんだんと建ち上がりました!
立派な診療室だー!
客席も作りました!!
自主公演なので男優も女優もスタッフも作業着を着て
ペンキまみれ、おがくずまみれになっての作業でした。
皆のお楽しみは、昼の賄いと夜のビールだ!
今日のごはんはカレーとペンネサラダ。
みんなもりもり食べて、もりもり作業しました!!!!

今日の日記は・・・助っ人で来て下さった川添英令さんです。
川添さんは、「1917年の三人姉妹」の舞台監督です。
劇団では、大ベテランの先輩で
あだなは『ひでさん』『ひでじい』『ひでちん』・・・
尊敬すべき・・・みんなのアイドルです。
今日は他にも、進藤忠さん、山口晴記さん、小宮山徹さん、佐藤絵里奈さんが
お手伝いに来て下さいました。ありがとうございました。


久方振りのアトリエ公演の仕込みに参加。
懐かしさと共に体力的なハンディ
それでも皆さんがコツコツと仕事している姿を見ていると、
やっぱり好きなんだナと感じる一日でした。
この作業が本当に必要な交わりであり、
コミュニケーションの場でも有るんだなと
つくづく思います!!
この協同作業こそが、劇団の姿なんだろうな!
皆さん、次のアトリエを楽しみにして居りますヨ!
(英)



11月16日(金) 晴れ

今日は、『タタキ』です。
これは通称なのでしょうが、私達は装置を作ることをこう言います。
今日は主に、装置の壁になるパネル作りをしました。
骨組みになる木にベニヤ板を打ち付けて、それにペンキで色を塗る。
皆での流れ作業です。
この材木に釘打ちすることから
『タタキ』と呼ばれるようになったのでしょう・・・・。
今日は、今回のお芝居についてない劇団員もお手伝いで集まってくれました。
お礼もかねて、『法王庁』組から炊き出しがありました。
木野しのぶと大木雅美が腕によりをかけて
炊き込み御飯や豚汁などを作りました。
ワイワイ皆で一つ釜の飯を食べる。
また一つ、団結力が強まりました。
(その様子)

今日の日記担当は
舞台作りの中心となって働く、舞台監督の末永明彦です。
彼からは、仕事後のビールの差し入れがありました。
よっ!!太っ腹!!!!
でも、これって日記???

タタキは晴れの日に限りますね!
今日来ていただいた皆様、ありがとうございました。
明日は、今日作った材料で、舞台の仕込みです。
明日もよろしくお願いします!!!
末永明彦



11月15日(木) 晴れ

今日は、終幕をやって2回目の通し。
気になる所があるとストップしながらですが・・・。
(これを通称、止め通しといいます。)
巡査役の吉柴くんが今日から稽古に参加しました。
台本にはない役ですが、大事なシーンに登場します。
つい先日までボーボーだった髪の毛をボーズにしてきました。
ビックリして「どうしたの?」と聞いた皆に
「なんとなく」と答えた彼ですが、役作りだったのかもしれません・・・・?
稽古場に来てすぐ、衣裳合わせ!
大正時代の警官の制服、なかなか決まっています。

というわけで、今日の日記担当は新人第三弾! 吉柴文悟です!!!

初めまして。新人の吉柴です。
今回の公演でいきなり出番があるのでびっくりしています。
出ている時間は20秒ぐらいなのですが、その短い時間で役を演じ、
そして、どう自分の存在を匂わすかというのを
テーマにしていこうと思っています。
未経験だからといってびびらず、堂々とやっていこうと思っています。
がんばります!!!
吉柴文悟



11月14日(水) 晴れ

今日は、初めての通しをしました。
なんとか通そうと、みんな必死です。
「あー」とか「うー」とか、セリフが出てこない所もあって
ながーい通しでした。
でも、芝居の全体像が見えて、これからの課題が鮮明になったようです。
昨日に続いて岡本謙治さんと音響の二木くみ子さんがいらっしゃいました。
探りながらですが、ブリッジ(場面と場面の間)の音楽が入り
また一つ世界が膨らみました。

今日の日記担当は、患者役で初舞台の大木雅美です。
入団1年生の彼女は、いつも明るくて元気です。
台本には多くは書かれていない患者さんの役ですが
自分なりに役作りをしてイキイキと演じています。
なかなかの存在感です。
さり気なく歌う子守唄はちょっと怪しかったですが・・。

初めまして!!
今回劇団朋友公演デビューとなります、大木雅美です!!
4月に朋友に入ってから、アトリエの稽古をしている今が
一番楽しいナァって感じています。
・・・といっても他の仕事で一週間以上お休みを頂いていて、
皆さんにご迷惑をおかけしていました。
お休みしている間に芝居がガラッと変わってちょっとビックリ!!
私もエンジンをかけ直して
心さんの言う『普通』にがんばろーと思っています。
今日は通しというだけに、ちょっとした緊張感。
一幕一場は、時間的に長くなってしまったようです。
一幕よりニ幕の方が順調に進んでいる気がしました。
でも、ごめんなさい!私は音響サンとのキッカケを間違えました・・・。
ああ、自己嫌悪・・。
より子役の松川さんは長セリフの時音楽が入って、さらに燃えています!
やっぱり、音楽っていいわあ・・・とひたってしまいました。
これからももっともっと良い作品にしていきましょ〜〜〜う!!!
大木雅美