2/24 お休み
   2/23 松下惇
   2/22 小島敏彦
   2/21 まきのかずこ
   2/20 大黒和広
   2/19 石田まどか
   2/18 加納豊美(衣裳プランナー)



2/24(日)

今日は稽古に入って初めてのお休みです。
お休みといっても、本番まで2週間を切っていますので
役者やスタッフにとっては本当の意味でのお休みにはならないでしょう。
それぞれがそれぞれの思いで何かをしているはずです。
もし、街で見かけたら(顔がわかったら!)
声援をお願いしますね!

出演者の情報はこちらです。
(名前をクリックすると出演者のプロフィールが見られます)




2/23(土)

今日は、役者のスケジュールの都合で14:00からの稽古。
一幕一場から、小返ししながら二幕の終わりまでいきました。
(小返し=問題のあるところで止めて、そこを固めなおしながら先に進める稽古方法のこと)
終わったのは9時を回っていました。
それからみんなで、ビールやワインを囲みました。

今日の担当は、岡崎役の松下惇です。

今回スタッフについてくれる渡辺弘君が、稽古に参加してくれました。
人が増えると稽古場の空気が変わります。
今日から、場面をつなげていく稽古が始まりました。
役者の演技だけでなく、多くのスタッフの力と共に舞台の幕が開きます。
初日が近づいています。
本番の日が楽しみです。
岡崎役 松下惇



2/22(金)

昨日は声の仕事がが入っている人のために
いつもより早く稽古を開始しました。
でも、な、なんと、その人は来なかった。

今日の日記担当は、懺悔の意味も含めて
小島敏彦でーす。
(稽古場日記は罰ゲームではありませんが)


「トチリ蕎麦」とは、舞台で本番中に大失態をした時に
其のことで迷惑をかけた人にお詫びの気持ちをこめて
楽屋に届ける蕎麦のことだが
昨日の私は、全くこれに等しいことをやってしまった。

21日は、2時からNHK放送のロズウェルのゲストで吹き替え録音の日だった。
前日稽古場を出る前に細かい稽古スケジュールを書き写していったのに、
何故か「今日は自分の処はない」と思い込み
うちを出るまでの時間、メールの整理などをしていた。
その時、舞台監督から電話がはいった。
一瞬状況が掴めなかったが、何のことはない、私の「早トチリ」。

皆さんごめんなさい
ビールでも出さなきゃね。
それにしても'toshi'をとったのかな?
でも悔しいから、そんなこと絶対に認めないぞ。
そんなことで、ご意見のある方、メール下さい。
宛先はこちらです。




2/21(木)

今日は、二幕のあたまから固めていきました。
昨日、一幕の幕切れで倒れてしまったまきのかずこ・・・・・
といっても倒れたのはお芝居でのことです(笑)
詳しくは本番をお楽しみに!

本日の日記担当は藤崎みどり役まきのかずこです。

毎度毎度のことだけど、時間が足りない。
どんどん足りなく、なくなっていく〜!
みどりの「ジハード」も、まきのかずこの「ジハード」も、ケッコウ大変です。
あと2週間「みどり」がどう輝いていくか
乞う、ご期待!
まきの



2/20(水)

今日は、一幕後半を確認しながらかためていきました。
本日の日記は、後半に目玉のシーンがある平木役の大黒和弘が担当。
平木は豆カレーが大好きな役なのです。

『女たちのジハード』 平木 淳 日記

なんだこの匂いは?
連日続いた徹夜の仕事で机の上で仮眠してしまったようだ。
昨夜、研究室で作った豆カレーの匂いだ。
大好きな匂いだ。晩飯の時間が待ち遠しくなる。

自分で言うのはなんだが、豆カレー作りにはかなりの自信を持っている。
ネパールで医療活動している時も、何度か村の子供たちに作った事を思い出す。
日本に戻って来てもうどの位たつのだろう・・・・・・。
あんなに美味しそうに豆カレーを食べてくれた村の子供たちは
今何を食べてるんだろうか・・・・・・。

そろそろセミナーの時間か・・・・・・。
豆カレーは帰って来てからだな・・・・・・。



2/19(火)

今日からもう立ち稽古に入りました。
この作品は去年の4月の富士宮公演以来の再演なので読み合わせは1日だけ。
演出家にもよりますが、
マコチャマ(私たちは演出家の宮崎真子さんをこう呼んでおります)は
読み合わせは短く、すぐ立ち稽古に入るタイプの演出家です。

今日の日記は、いつも笑いを誘う
紀子役の石田まどかです。

この稽古場日記を今読んでいる方の中には、
公演を観に来る方、いるんですよね。
・・・・・・素敵。

今日は稽古2日目、立ち稽古中です。
私はいつも、端っこの場所で、出番のない時を過ごします。
稽古は比較的苦手ですが、稽古場は好きです。
一つの場面の稽古中、途中、止めたり、戻ったり、話し合ったりと、
役の世界と現実の空間が行き来するからです。
私はそこを味わうのが好きです。
稽古はとっても緊張します。今もドキドキです。
そのうち慣れるし、自分が出ちゃったら逆に平気なのですが、
今はドキドキです。
なので、今日の日記はおしまいです。
石田まどか



2/18(月)

いよいよ稽古が始まりました。
まずは確認しながらの読み合わせ。
緊張と期待と笑いの稽古となりました。
衣裳プランナーの加納豊美さんが駆けつけてくださいまして
第一日目の稽古場日記を、快く引き受けてくださいました。

同じタイトルで4回目の組み合わせの稽古初日を迎えています。
この経験ははっきりいってかなり珍しい。
何故なら毎回上演台本がちがうから。
全バージョン「完(観)劇スタンプラリー」の企画に値する勢いです。

今、読み合わせが始まりました。
1つ1つのセリフを演出家と俳優陣が丁寧に点検しながらゆっくり動いています。
ここで、みどり(まきのかずこ)chekはいりました!
康子(西海真理)が買った¥368,000-のスーツ(もちろん台本上の設定です!!)を見て、
みどりが「エレガント&威厳」との感想を述べるセリフに対して。
「威厳」というイメージは湧かないんだけど・・・・というcheckです。
私としては、ややドキリ!
演出のマコ様は「舞台を見ていて違和感はないけれど他の言葉も考えてみまーす」と対応。

マコ様の稽古場語録は実に楽しくするどいものがあります。
笑いを取りながらグサッと! というタイプであります。
今、50分かかって1幕1場終了。
この後3時間ほど稽古は続くようです。
残念ながら、私目はここで退場です。
衣裳プランナー 加納豊美


P.S.
K島T彦氏がM崎M子姫に、あやしげな包みを渡す姿を目撃!!
その他にも愛のメールも送っているらしい!!
包みの中から出てきたものは・・・・なんと、木彫りのフクロウ・・・ワオ!!
暖かく見守りましょう。
T美