■2005/07/10 (日) 稽古場打ち上げ!〈木野しのぶ〉

稽古場でのラスト稽古!
11時から通しというのはちょっとつらいものがありました。
なんたって昨日の今日ですから‥

稽古前に演出から
「隠しだまがあったら、今日全部出してよ!」
のひとこと。
(爆笑)

総仕上げをし、稽古場最後のダメだし。
今まで、ダメが出ていたところをずいぶんクリアしました!
後は劇場へ行って微調整。
稽古終了後は、舞台監督の今井さんの指示のもと
稽古場をばらしてから荷出し。
いったんまっさらになった稽古場にテーブルが並び
今井さんの音頭で(?!)
冷蔵庫の整理も兼ね、稽古場打ち上げをしました!!

なんだかだと理由をつけ、呑むのです‥

稽古場最後の日記は、再び登場!鈴木幸子役〈木野しのぶ〉です。

『長いような、でもとっても短い稽古が終わった!

今回最終場に登場する私は、頭から出ているときと違って、
芝居が始まってからようやくウォームアップにかかる。
通し稽古の初めのころはそれがわからなく
早くからアップをしすぎて
出番の時にはすでに疲れてしまっていたり
テンションが妙に下がってしまったり‥。

いや〜、最後に出るのって結構大変です‥
みんなが出番でわさわさしている時に何もやることがなく
一人取り残された感じ。
一人でするアップはさみしい〜孤独だ〜。

だから、稽古の後の呑み場にはついつい長居してしまうのです。(←言い訳)
芝居の滞空時間より、呑み場に居る時間の方が長かった今回の私でした‥』

***

明日から劇場入り!!
初日はほぼ満席になったそうな‥
楽しかった西川さんの稽古場、
毎日笑いが絶えませんでした!
この楽しさをお客様と共有したい。
開幕がホントに楽しみです!!

■2005/07/09 (土) ラスト2!!〈小島敏彦〉

今日も衣裳をつけ通し稽古。
稽古場ではあと2回しか稽古がありません。
が、最後の最後まで
がちがちに固めないのが西川流?!
今までいろいろ試してきた幕開きの部分を、またまたチェンジ!!
西川さんの驚くべき発想に
小道具探しに走るスタッフ!
対応する若手の役者も、ドキドキしながら楽しんでいます。

今日は、尾上真役〈小島敏彦〉です。

『稽古もあと一回を残し本番をむかえる。
長く苦しくも有り、楽しくもあった4〇日。
終ってみれば、昨日はじまったような気もする。
お客様にどう迎えられるだろうか、やり残しはないかなど、わくわくもし、気に病む時でもある。
そこで一句、戯言を。

あと一息 梅雨の晴れ間の 猛げい古。(字あまり)
                          マコト役 小島敏彦』

■2005/07/08 (金) 本番まであと5日!〈今本洋子〉

今日は本番通り、衣裳をつけての稽古!
だんだんその気になってきます。
稽古後は舞台監督の今井さん他、プランナーの皆さん、現場で操作をしてくださるスタッフさんが集まって最終打ち合わせ。
そしてそして、本番突入を前にみんなで呑み会をしました!
喫茶店「時代おくれ」のセットが、そのままバー「時代おくれ」に。
しかも今日は演出助手の“ごち”だそうで…
今日はじめて稽古を観に来た〈今本洋子〉…ラッキーでしたね。

『あ〜グッタリ疲れてもーたー!!
笑って笑って笑って チョイ、泣いちゃいました。
お客様に観て頂く前に“テマエミソ”的発言はイカンイカンと思うのですが
マジ、本日、普通にお客さんになってしまいました。(しかも、関西のオバチャン系…)
演出・西川さんの魔法にかかっている出演者の皆さん!
そして、裏方で頑張っている若手の皆さん!
今日は、いっぱい笑わせてくれてありがとう。
さぁ〜、本日も美味しいビールが飲めそうです。』

***

なんか、呑みの話ばかりですみません。
でも、いいお酒が飲めるということは、
きっといい仕事が出来ているということだと思います。

■2005/07/07 (木) カウントダウンに突入!〈小山内一雄・屋敷健一〉

本番まであと6日!
劇団全体がワサワサしてきました。
小稽古場は衣裳部屋になり、夜遅くまで今回の衣裳スタッフが作業をしてくれています。
廊下では、役者がストレッチをしている横で、チケット係が出券に追われています。
「初日のチケットがなくなるぅ〜!!」

今日は〈小山内一雄〉の見学日記と、スタッフについてくれている〈屋敷健一〉の登場です!

『時々稽古場にきていましたが、今日、はじめて通しをみました。
若手ががんばっているのが好感をもてます。
劇団の未来は明るいかも!』〈小山内一雄〉

『今回裏で仕事をやってます。
コーヒー作ってます。
カップの準備をやってます。
小道具たくさんです。
カップ洗っていて割りました。
転換ガンバリます。
上手の裏にいます。
みんなよろしくです。』〈屋敷健一〉

***

作家の畠さんが再び登場!
呑兵衛の朋友のために日本酒を持ってきてくださいました!!
稽古後のバーがいつも以上に盛り上がってます!

■2005/07/06 (水) 本番まで一週間!〈横井徹・池田幸代〉

今日は3場の稽古をしてから通し稽古に入りました。
あと1週間!!
今回稽古時間が少ない…(たぶん)
ので、ちょっと焦りが!!
稽古前も稽古後も自主稽古に余念がありません。
皆、相手役を捕まえて、楽屋・廊下・階段の踊り場などなど
そこいら中で稽古してます。

今日の日記も見学日記。
〈横井徹〉と7月に外部出演の決まっている〈池田幸代〉です。

『登場人物の夫々が抱え込む“それどころじゃない事情”を、
どう客席に的確に伝えられるか、伝えるか。
それらの、ぶつかりから生まれる混沌とした状況、
それは、形骸化した既成の価値観と、日本の社会の現状でもある訳ですが、
それらを乗り越えるには…?
人々によって求められる人間関係とは…?
いろいろと考えさせられるドラマです。
みんな、ちょっと、どなりすぎ…』〈横井徹〉

『おもわずなつかしい曲に口ずさむ私。
本番まであと1週間。
もっともっと楽しい芝居になるだろうという予感…。
楽しみ、でも私の本番が重なってみれない…残念!
外で芝居をやってみると外は外での良さがあるが、
こうして稽古場にくると、あーあ。
みんなと一緒に芝居がやりた〜い。』

■2005/07/05 (火) 通し稽古2〈山口夏穂〉

今日は、うまくいってなかったラストシーン7場の稽古をしてからの通し。(マリエ=弓場)
音響操作をしてくださる坂口野花さんが、昨日プランナーの中嶋さんより引継ぎ、現場についてくださいました。

本番まであと8日!
ダメ出しはまだまだたくさんありますが、
箇所箇所良くなっているとのお言葉も…。少しづつ少しづつ前進あるのみ!!

ダメ出しの後は、若原のマリエで抜き稽古。
キッチンでは、バーの準備も始められています。

今日は、見学に来た〈山口夏穂〉の稽古観劇日記です!

『通しが始まる時間がわからなくて、かなり進んでしまったところだったのが少し残念。
初めて稽古をみたので、前日みた方の感想を読んだ後だったので、
かなり期待してみました。
まだ本番まで1週間ある。
きっとこれから醸されて良い味がでてくるでしょう。
まだまだぎくしゃくとひっかかるけど、皆さん、生きている。
これからが楽しみです。』

■2005/07/04 (月) 通し稽古1日目〈菅原チネ子・西海真理〉

土・日とお休みして(今回、お休みが多いですね〜)
初めての通し稽古をしました。

…と、その前に衣裳パレードがありました!
前回の打合せで決まったそれぞれのイメージの衣裳が集められ
1場から順番に各場ごとに役者が着て並び、演出家に見ていただきました。
一発で決まるものもあれば、ダメが出て他のものに着替えまた見てもらう…。
結構時間のかかる作業です。
でも、衣裳が決まってくると、また一段と気持ちが上がってきます!

今日は、通し稽古という事もあり、出演してない劇団員が観にきていました。
どんな感想を持ったのでしょうか?

『『それどころでない人』の通し稽古、楽しみにして今日、初めて観ました。
とってもおもしろかった!!
皆生き生きしてましたけど、やっぱり表現する事のむずかしさを感じてしまいました。
西川演出とは、私も4本ほどやってますけど、楽しく、又、勉強させられます。
「稽古場はいつも楽しく」が西川さんの言葉です。
見学していて久しぶりにその雰囲気を感じ幸になりました。』〈菅原チネ子〉

『今回はなかなか時間がとれず、初めて稽古場に顔を出しました。
そう、芝居って難しいね。
芝居って楽しいね。ホロッときちゃいました。
畠さんの作品が西川ワールドとファジーな朋友のメンバーで開花……
お客さんが入るのが楽しみです。』〈西海真理〉

■2005/07/01 (金) スタッフ登場その4〈松下惇〉

今日は、来週からの通しを前に、部分稽古をしました。
もうすぐ本番!緊張が高まります。
稽古が終った後も、自主稽古が続きます。
自主稽古のときは、演出助手が演出家に代わって稽古をみます。

今日の日記はその演出助手〈松下惇〉です。

『朋友で初めて演出助手をやっています、松下です。
役者をやっている時とは違う場所(演出家の横)に座り、稽古に参加しています。
演出家と同じ目線で芝居を見て、演出家がどのように考え、ダメ出しをするのか、
役者に自分のイメージを伝えるために、どんな言葉を伝えるのか、
とても勉強になります。
来週から、通し稽古が始まります。
初日に向けて、いよいよラストスパートです。』