番外編
綱元(つなもと)
於:札幌市教育文化会館大ホール

劇場の袖の奥、最も人気のないところにあるのが綱元です。
何十本もの綱(ロープ)が天井から下がり
そのそれぞれが、天井に吊ってあるバトンに繋がっているのです。

どうです。寂しい場所でしょう。

危険らしい。

吊る物の重さにあわせて載せる
鎮(しず)という鉄の錘(おもり)
足の上に落とすと大変なことに!

そんな危険で寂しい綱元で
自ら働くわれらが末永明彦

この二つの幕を主にアップダウンしている。
右がグレー幕。左は紗幕。

紗幕
中に明かりが入ると、中が透けて見える。
外からだけの明かりにすると、中が見えなくなる。
う〜ん。不思議だ!