法王庁の避妊法

11/27〜12/2 劇団朋友アトリエ

大正ロマン漂うころ・・・
といってもここは新潟、東京のようにハイカラではありません。
新潟市内・・・
といっても時代は大正、畑や田んぼが盛りだくさん。

ー出てくる人はー
荻野先生と病院に勤務する人、病院を訪れる人々。

ここだけのお話し、お芝居の始め荻野先生は独身なんです。
そして、素敵な奥様が現れます。どんな人かは観てのお楽しみ。
妊婦も出てきます。
大きなお腹は動きずらそうですが、神秘すら感じます。
でも、産婦人科のお得意さんなんです。
竹山病院には荻野先生以外にもお医者さんはいらっしゃいます。
外科の先生は、荻野先生とは正反対のタイプ。
それから・・・先生の助手とか看護婦さんとか・・・
とにかく、毎日毎日大勢の人達が病院を訪れます。
そんな忙しい日々のなかで荻野先生は、診療と研究
そして夫婦関係にと、頭を巡らせなくてはなりません。

大丈夫、荻野先生? しっかり、荻野先生!

ー荻野久作先生って?−
では、略歴をお伝えしましょう。
こちらから
なんだか、すごく偉いお医者様なんです。


ローマ法王が認めた唯一の避妊法
「オギノ式」

次回月経の予測をもとに排卵期を推定する方法。
(詳しくは医学雑誌などで調べてね)
自然に逆らわない避妊法として、ローマ法王庁が認める避妊法なのです!!


稽古場の様子を日記形式で掲載しています!
稽古場日記のページへ
お世話になった方々はこちら



公演案内Top